世界同時ハグタイム

   420810_1.jpg
               ネットで見つけたハートの雲♪



2012年1月31日 午後8時9分  世界同時ハグタイム!

だそうです♪

「ハグの日」は8月9日ですが、

これは、日本愛妻家協会が「愛妻の日」(1月31日)を記念して、

2010年から始めたものだそうです。


世界で最もハグの苦手な日本人が、

ハグで世の中を一瞬明るくしてみることに挑戦してみよう!

ということらしい。



いーんじゃないですか〜



ハグにはヒーリング効果があるとかいいますよね。

ハグするパートナーがいらっしゃる方は、どんどんハグしてみて〜



ちなみにワタシ、その時間は夜の教室です。

世界のあちらこちらで素敵なハグが生まれることを、ひそかに祝福してましょう




さて、

「ハグ」という字が、どうも「ハゲ」に見えてしまう今日このごろ

老眼すすんだかー・・・・・・じゃなくて。

このかた。



      c-DSCF1036.jpg




ハイ、いつものように優雅にお昼寝こいてます。

もっと近づいてみましょう。



     c-DSCF1032.jpg
                   あらん?



そう、ソコ。

なんとも盛大に「ハゲ」ております・・・・・( ̄▽ ̄;)



    c-DSCF1034.jpg
                     ハゲっ!!




今や毎冬恒例となりましたが、

ねねたん自分でわき腹の毛を口でくわえて、ぶちぶち抜いちゃうんです・・・・・

なんでなのかよくわからないけど、冬になると始まります。

せっかく冬毛がふさふさになってるのに、綺麗な毛並みがもったいない・・・

あ〜も〜〜! 美猫がだいなしや〜〜〜〜



初めてハゲをこしらえた冬は、ビックリしてクリニックに駆け込みました。

皮膚病でもないしノミでもないし、先生も原因がわからず、

「精神的ストレス」とか言われて、2ヶ月くらい精神安定剤(!)を処方されました。

でも、毛抜きは止まらず、それでも春になったらいつしかやめてました。

たぶんこれは、ねねたんのクセなのかもしれません。



とは言え、今年のハゲはちょっとデカすぎ!



ねねたんの行動をよ〜く見てると、

毛抜きの現場はたいていこたつの中か、温水ヒーターの前。

あれかー? あんまりあったかくなりすぎて、それで抜いてるんかー?

なんちゅー贅沢な!

これって、温室育ちの結果でしょうか




    c-DSCF1035_20120131001956.jpg
                   呼んだ?



ねねたーん、あんまり抜くと寒くて風邪ひいちゃうよー。

もうほどほどにしておくれ〜






ご訪問ありがとうございました♪
更新の励みになりますので、応援クリックよろしくお願いいたします♪
   ↓
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村


br_decobanner_20110915141328.gif

北風と太陽

          isop_kita1.jpg




先日、材料の仕入れ先のC社から珍しく電話がありました。

なんでも、今年から「実績別」の価格設定にした、とのこと。

つまり、
「おたくは去年の買い上げ金額が少ないから、安くしてあげないよー。
 仕入れ値段の設定を今年から高くしちゃったからねー」
ということ。

さらに、
「今年○○万円以上買っていただければ、元の設定に戻します。」
とゆーようなことを言って電話は終わりました。


ふぅむ〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・ナニコレ?


直感的に思ったことは、
「C社・・・もう発注しないことにしようかな」 ε~( ̄、 ̄;)ゞフー



このC社さん、わりと老舗の大手らしいんですが、
なんと言ってもカタログが使いづらい!

商品説明が写真じゃなくて手書きのイラストだったり、
昔風の読み方のカタカナ表記(これも手書き)だったり、
カタログと価格表のページ表記がずれてたり、
価格表に値段が載ってない商品があったりと・・・・・
とにかく、見づらくてしょーもない ( ̄ω ̄;)

地方から材料発注する側としては、カタログ命なのに。

以前遠路はるばる顔出しに来てくれた専務さんに、
カタログの改善をお願いしてみたけど、
「社長がアタマ古くてあかんのですわ〜」とかなんとか。

ちなみにこの専務さんは社長の息子、つまりボンボンで、
遠路はるばると言っても、季節は真冬、
専務のいでたちはスキーウェアで、顔は明らかな雪焼け。
工房訪問とスキーのどっちがメインか・・・・・スキーだな、きっと。
何の資料も持たずにいらして、コーヒーがぶがぶ飲んで何時間も帰らないので、
食事出さないといけないのかと心配になったくらいでした。


とまー、ワタシにとってこーゆー印象の会社なので、
自然と発注は少なくなるワケです。
発注がない時は、定期的なニュースも送ってこないし、
あちらからはほとんど、何のアクションもなし。


ワタシがメインにしているA社は、
スタッフの対応がいつも感じよくて、熱意があります。
さまざまなデモンストレーションイベントを企画し、
技術の講習会や情報交換も意欲的にすすめてくれて、
最近では、地方へ出かけてきてイベント開催もしてくれます。
発注のあるなしに関わらず、定期ニュースは必ず送ってくれます。

B社は独自の新商品の企画開発に非常に熱心で、
その新商品を活用したデザイン提案を、毎月送ってくれます。
それらの商品はどれも魅力的で、B社でないと買えない物ばかり。
うちの生徒さん達にも根強い人気があります。
もちろん、定期ニュースは毎月欠かさず送ってくれます。

当然、発注は、A社とB社に集中するワケよね〜。


もともと、C社でないと買えない物って、そんなにないなぁ。
それだって、何とかならないものじゃないしね。
だから、
C社に発注するのをやめても・・・・・たいして困らないかも♪



そんなこんなで、
「北風と太陽」の話を思い出しちゃいました ( ̄∇ ̄;)







ご訪問ありがとうございました♪
更新の励みになりますので、応援クリックよろしくお願いいたします♪
   ↓
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村


br_decobanner_20110915141328.gif

冬の晴れ間

     c-DSCF1011.jpg



今週は青空の広がる日が多く、

毎朝起き抜けに外を見ては、積雪のないことにホッとしてました。

雪かきは「動くことの少ない冬の、唯一の運動」と思うようにしてるけど、

毎日続くとやっぱりきついです




   c-DSCF1012.jpg




週間予報を見ると、来週は雪の日や、最高気温が氷点下の真冬日が多いようです。

仕方ないですけどねー。 まだ1月だもん



晴れ間が続くと、うっかりできないのが屋根のつらら


     c-DSCF1018.jpg



ちょっと油断してるとどんどん成長して手に負えなくなってしまうので、

まめに割って落としておかないと。



      c-DSCF1024001.jpg

これは昨シーズンから使ってる、軒先にはみ出した屋根の雪を切って落とす道具。

長さが2m以上あるこれをエイヤッと振り回して、つららをたたき割り、

できればつららの根っこの氷塊も割って落とします。

(この氷塊を落とすのが、ちょっとスリル・・・



軒から落ちたしずくが凍ってこんもりと氷の山になってるところも、

気温があがって緩んだすきに、ガンガン撤去



      c-DSCF1022.jpg
   厚さ数センチの氷なら、ハンドタイプのツルハシでおもしろいように割れます。



外はちらちらと雪が舞い始めました。

来週はひさしぶりに雪かきかなぁ。







ご訪問ありがとうございました♪
更新の励みになりますので、応援クリックよろしくお願いいたします♪
   ↓
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村


br_decobanner_20110915141328.gif

今年も出番です

東北では比較的南に位置する山形ですが、

そこは北国、しっかり寒い!

今年もすでに何日か「真冬日」(最高気温が氷点下)がありました。

夏は熱しやすく冬は冷えこむわが教室では、ヒーター2台でがんばってますが、

さらなるお助けグッズを今年も登場させました。




     c-DSCF1002.jpg
                   古〜〜〜〜いサーキュレイター



どんだけ古いかって、

となりの自宅が建った37年前に購入したモノ、なんです。

まだ壊れないので使ってる・・・っていうより、

なかなか便利で気に入ってるんですよねー♪



風量は「強・弱」、自動と手動の切り替えがあって、

自動運転の時の温度設定もできるようになってます。

上方の温まった空気を下におろす、まあ、それだけのモノですが、

エアコンのサーキュレイターや、扇風機の「微風」では、

風がまだ強すぎて、冬は寒くてダメ。

この古いサーキュレイターは音が静かで、風がごくごく弱〜〜いのが、イイ♪



耐用年数はとっくに越えてるよね、きっと ( ̄∇ ̄;)

でも、まだまだがんばってほしいわ〜♪







お助けグッズ、その2。


     c-DSCF1007.jpg



加湿器、です。

水を吸い上げた紙のフィルターから湿った空気を送り出すという、「自然気化式」だそうです。

電気は使わないし、湿度が高い時は自然に加湿量も少なくなるし、

エコで便利で、おまけに可愛い♪

昨シーズンから使い始めたお気に入りです。



水の容器は、もちろんステンドグラスで。

容器とセットになってるフィルターももちろんありますが、

ちょっと割高・・・・・( ̄∇ ̄;)

ステンドやってるヒトは、これくらいのモノは作らなきゃね♪







ご訪問ありがとうございました♪
更新の励みになりますので、応援クリックよろしくお願いいたします♪
   ↓
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村


br_decobanner_20110915141328.gif

18年目にやっと

      c-DSCF1292.jpg



このお正月に、階段の上にランプを取り付けました。

この教室の建物が建って、今年でもう18年になるところです。

そんなになってようやく階段の照明がついたとは・・・・・(;^_^A アセアセ・・・



じつは、

つけたくても、天井のコンセントの位置が階段の途中になっていて、

それ用の脚立でも使わないと、全然手が届かない状態だったんです。



建てた当時、

「階段の照明は自作のランプをつけたいから、コンセントだけつけておいてください」

とお願いしたのでしたが、

ここを建てた大工さんは、なんでまたあんな位置に決めたんでしょうねー???




     c-DSCF1010.jpg





いずれ位置を直してもらおうと思いつつ、

階段のあちこちに置いた灯りで不自由もしなかったので、

そのまま18年間階段の天井灯なしで過ごしてきたのでした。

でも、そんな日々ももうおしまい・・・。



年末に床の補修をしてもらった大工さん(建てた大工さんとは別のかた)に、

ついでに、天井のコンセントを手が届くところまで延長してもらったんです♪



これでやっと天井灯つけられる〜♪ と喜んだのはいいけれど、

年末年始のメチャ忙しい時に、ランプ作ってるヒマなんてないし、

自宅を物色して、仏間でホコリをかぶってたシェードを発掘してきました(笑)

古い作品だけど、きれいに磨いて配線して天井から下げてみたら・・・ウン!

まあまあ、かな(笑)



長年ほったらかしだったことが解決して、

あー、なんかスッとした〜〜〜♪    (*`д´)b グッ!








ご訪問ありがとうございました♪
更新の励みになりますので、応援クリックよろしくお願いいたします♪
   ↓
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村


br_decobanner_20110915141328.gif
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
12 02
プロフィール

RURI♪

Author:RURI♪
山形市のステンドグラス工房「グラスワーク瑠璃」のブログへようこそ♪
日々の制作や思い、教室風景や、時には愛猫ねねの溺愛ぶりなどなど、マイペースでつづっていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
Amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR