こまちゃんの花が「つくりびと」に!

「つくりびと」とは、全国の美術館情報と共に注目のアーチストを紹介するフリーの美術マガジンです。

アラン・ミコーというフランス人のアーティストが批評を書いています。

全国の主要な美術館においてあるそうです。


  c-DSCF1537.jpg


その「つくりびと」に!

友人・こまちゃんのお花が載りました!! V(○⌒∇⌒○) イエーイ!

(こまちゃんは、「花の庵 ヒポポタマス」という花屋さんを営んでいます。 →→→ヒポポタマスの花


こまの花


      「そこでは、かけがえのない生命の尊さや美しさが、

       表裏一体の死の世界と共に創造された。

       下部の蓮の実と花はWAXを浴びた死の世界におり、

       雲の上では、光が花々の装飾的世界を完成させ、

       私たちの視線を幸せで満たしてくれる。

       水は死の闇の世界から命を謳歌する世界へと巧妙に給水される。

       アートと哲学が、そして創意と才能が出会い、黒と白が相対する。

       水とその給水がこの作品の魔法の鍵である。

       生花を含む総てのクリエーションに関わる作品。

       素晴らしい創意と見事なデザインの中で、

       線状の葉が生命の躍動感を与え、

       駒林裕子氏は、優しさとロマンティシズムをこめて私たちに囁いてくれる。」

                                 by Alain Micaud


ワタシにはこんな難しいことは言えないけど、

写真を見せてもらった時、作品の完成度の高さに「おおっ!」と息をのみました。

洗練された感性と磨かれた技術と、どれも素晴らしい!



友人こまちゃんの快挙は、自分のことのように誇らしく、心から嬉しかったです♪

正直、同じつくりびととしてはちょっとジェラシーを感じちゃったけど、

それよりも、「ワタシももっとがんばろう!」という思いの方が強くなりました。

歩く道は違うけど、ビンビン刺激を受けました。

こまちゃん、おめでとう! & ありがとう♪







ご訪問ありがとうございました♪
更新の励みになりますので、
どれでもお好きなものをポチッと応援クリックお願いしま〜す♪
   ↓
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村

br_decobanner_20110915141328.gif

Leave a comment

Private :

Comments

-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05 07
プロフィール

RURI♪

Author:RURI♪
山形市のステンドグラス工房「グラスワーク瑠璃」のブログへようこそ♪
日々の制作や思い、教室風景や、時には愛猫ねねの溺愛ぶりなどなど、マイペースでつづっていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
Amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR